プロフィール

Otto

Author:Otto
気がつけばインコにまみれて十数年・・・
「人間がインコの家に住まわせてもらってる」
が正しいかも・・・・
ちなみに本人はこんなアオジョリではありません。

「オカパラの森」
動物取扱業登録:名古屋第0907045号



飼い主様募集


 






飼い主様募集にあたって

必ずお読みください



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



リンク





最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






改めて怒り


そろそろ秋の巣引きの準備をしなくてはいけません。
いや、しなくてはならないことは全然ないのだけど、ペアがいると巣引きさせてやりたくなってしまいます。
ただ、今後は飼い主様募集も難しくなるので、絞り込まなくてはいけないと思っています。

さて、予定では今時分挿し餌の雛はないはずでしたが、残留組のPFルチノーがいつまでもジャージャーと餌を欲しがり挿し餌が続いています。
Oka_0026_1.jpg
巣上げした頃は食が細く消化もあまり良くなかったので、無事育つか心配しましたが、ここまで育ってくれました。成長の遅い子のようですのでもうしばらくは甘やかしてやろうかと思います。

亡くなった千葉動物園のベニコンゴウはオカメでいえばこの子くらいでしょう。
とても心の痛む出来事でしたが、動物園側も苦慮した結果であろうと理解しようと思っていました。
が、この事件に関する動物園の公式コメントを見て、改めて怒りがこみ上げてきました。
「捕獲後死亡にいたりました」と書いていますが、死因が心出血ということは麻酔銃で心臓を射貫いてしまったということです。大型の獣とは違うのでこのような結末の可能性も当然想定していたはずです。
しかも、お詫びの内容はベニコンゴウを逃がして迷惑をかけたということに対してだけで、その後の扱いについては一切コメントしていません。
逃がしてしまったことの不注意は飼育のプロとして恥ずべきことですが、そのこと以上にその後の虐待とも言えるやり方に世間が怒っていることを理解していません。
まるで人に危害が及ぶかもしれない猛獣を逃がしてしまったのと同じ次元でしか対処を考えていないということです。これはとても動物愛護を率先すべき方々の態度ではありません。
ジェミーさんの言うように、この方々には鳥を飼育するのはやめてもらいたいです。




スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。