プロフィール

Otto

Author:Otto
気がつけばインコにまみれて十数年・・・
「人間がインコの家に住まわせてもらってる」
が正しいかも・・・・
ちなみに本人はこんなアオジョリではありません。

「オカパラの森」
動物取扱業登録:名古屋第0907045号



飼い主様募集


 






飼い主様募集にあたって

必ずお読みください



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



リンク





最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ゴキブリ?


ひなひなの端境期でこのところすっかり生き物歳時記なオカパラの森です。
今日はゴキブリ (((( ;゚ρ゚))) 
ではありません。スズムシです。
Suzu_5398_1.jpg

生き物好きのOttoですが、取りたててスズムシに興味があるわけではありません。
鳴く虫はキリギリス派です。(そんな一派があるのか?)
スズムシもかつて飼ったことはありますが、夜な夜な安眠を妨げられて以来飼わないようにしています。
ではなぜ、こんなにウジャウジャいるのか?

これです↓

5月のある日、ホームセンターの処分品ワゴンの中で目にとまった98円の「鈴虫のたまご」。
渇ききった赤玉土の微塵の中に卵が無造作に混ざっており、とても孵るとは思えません。
「笑ってる場合じゃないぞスズムシ君」
でしたが、結果を確かめたくなり購入しました。
プラケースに開け、霧吹きで湿り気を与えたものの、その後数週間、全く変化なし。
「やっぱ、生きてるはず無いよな」
と処分しようかと思った6月のある日、ゴキブリの子供のような幼虫が大量に湧いているのを発見。
優に30匹以上は孵っていました。
50コ入りということですので、孵化率60%以上...
その後もあまり減ることなく育っています。
スズムシ恐るべし。

このまま行くと秋の夜長は睡眠不足必至です。





スポンサーサイト